改造車でも高く売れるジムニー

道路を走るジムニーを見ているとほとんどの車が何かしら改造されていることに気が付きます。むしろドノーマルで乗っている方のほうが少ないと感じるくらいです。ジムニーは昔からチューニングされる傾向が高い車です。

 

チューニングといってもエンジン回りのパワーアップ策だけではなく、オフロードマシンとしてのチューン、足回りやガード類の取り付け、悪路走破性を高めるためにリフトアップ、補助灯やロールバーなど補器類などの取り付けがよく行われています。

 

これは本格的にオフロード走行を楽しむ方だけではなく、こういったことをすることがジムニーの正しい方向性ということ、コンクリートジャングルでしか乗らない方もいわゆるドレスアップの一つとして行うことが多くなっているのです。

 

特にリフトアップなどサスペンションの交換だけではできないような高い車高を得ることができるため、トランスファーの操作もまともにできない方やオートマチックトランスミッションモデルに乗っている方でも完全にドレスアップの一つの方法として行うことがあります。

 

もちろんそういったことに使うパーツや専門技術を持ったショップなどが多数あります。その需要も大きく、中にはジムニーだったタついていて当たり前といったような、人気パーツもあるぐらいです。

 

要するにジムニーはスポーツモデルではありませんが、ある程度カスタムされている形が正しい形という概念があるということなのです。

 

ですので、車を売るときも一般の車のようにドノーマルでなければいけないということではなく、保安基準に適合しているのであれば、多少なりともいじられていた方が高くなる可能性を持っているということです。