ジムニーのリセールバリューが高い理由

軽自動車は中古車市場でも大人気で、へたな普通車よりも高い価格で取引されていますが、それは長続きすることなく5年をめどに価値が急降下する傾向を持ちます。

 

これは軽自動車が短期間しか高い品質をも続けることができないからであって、大人気のタントであっても5年を過ぎると他の軽自動車と同じような扱いを受けることになるぐらいです。

 

しかし、この軽自動車において5年経とうが10年経とうが高い価値をも続けることができるモデルがあります。それがスズキのジムニーです。

 

ジムニーが長い間、高い価値観を持って扱われる理由はまずジムニーのような車は他にないからです。

 

軽自動車といえば燃費と使い勝手、そして街乗りでの走行性能を追求した形で作られているもので、軽自動車を普段使いの車として使おうと思っている方もそういったものをもとめます。

 

はっきり言ってスズキだろうがダイハツだろうが三菱だろうが似たような軽自動車を作っています。

 

そういった中で唯一、オフロード走行性能を追求した形で作られている車がこのジムニーであって、ジムニーの持つ性能はこの車でしか得ることができないのです。

 

少し前であれば、三菱からパジェロミニという同じ方向を持つ軽自動車が売られていたのですが、現在は生産終了となっていますし、車の構造からジムニーと同じ程度のオフロード走行性能を持つものではありませんでした。

 

要するにこの車には初めて作られた時からライバルというものが一切なかったのです。いわゆる独自性を持っているというもの、ライバルがいないというものは、車に限らず珍重されるものです。

 

それが息の長いリセールバリューの高さにつながっているのだとみることができるでしょう。