専門店でジムニーを売るメリット

ジムニーは軽自動車の中でも非常に価値の高い車です。

 

そして更に、チューニングやドレスアップなどのカスタムをすることによって更なる価値のアップを狙うことができるわけですが、実はこういった人の手の加わったジムニーを高い値段で買取ってくれる業者は限定されています。

 

一般的に車の売却先としてよく使われている買取店ですが、買取店ではあくまでも一般的な需要に対応できるような車しか買い取りません。要するに誰もが気軽に買うことができる、何も手が加わっていないドノーマル車を好むということです。

 

そういった中でかなり趣向性が高く、いろいろといじられることが多いジムニーにおいてはドノーマルや売る前にドノーマルに戻して売却しようとしている場合でないと対応できないということになります。

 

多少なりともいじられていても買取店で買い取ってはくれますが、そのいじられた部分は買取店にとっては無価値であって、むしろ減額対象になるので、査定額が高くなることは到底考えられるものではないということです。

 

それなりに手が入っていて、それに対しても価値を見いだしてもらいたいと思っているのであれば、ここは一般の買取店ではなく、ジムニーやオフロードマシンを専門的に扱っている中古車販売店の買取サービスを利用した方がいいでしょう。

 

こういったところは買取った車をその店舗や同グループ内の店舗で販売する形をとります。

 

もちろんそういった店舗にはその店舗の趣向性にあわせたお客さんが来ることになり、この場合ではジムニーの中古車を買おうと思っている方が車を買いに来るわけです。

 

ジムニーが欲しいと思っている方であれば、将来的にあの部分をこうしようとか、ここにあのパーツをつけようといったようにチューニングやドレスアップのある程度の計画があり、それがある意味どの方でも同じようなものを求めるので、もし仮にそういったものがすでに装着されている中古車があれば、喜んで買っていくということにつながるのです。

 

なので、ジムニーを専門的に扱うところでは、買取店のようにノーマル状態を良しとするのではなく、正常な形で付けられている後付けパーツやボディ加工、フレーム加工などがされている方が価値が高くなるのです。

 

要は、買取店ではマイナスにしかならなかった改造箇所が、専門店はそれがプラスに働くということです。さて、どちらで売った方がメリットがあるでしょうか?